【セブンイレブン】会計時の支払い方法について全て解説!ナナコカードは便利? | そうちょうのコンビニレポ
その他のはなし

【セブンイレブン】会計時の支払い方法について全て解説!ナナコカードはお得?

普段、皆がご利用するコンビニエンスストア。

一般的な支払い方法は現金ですが、電子マネーやクレジットカードなど人によって様々な時もあり、利用できる支払い方法もコンビニによって異なります。

そして、今回はセブンイレブンの会計支払い方法は「どのような手段があるか」「どの手段がお得か」について解説していきましょう。

スポンサーリンク

セブンイレブン 支払い方法

一般的な支払い方法は現金ですが、他にも沢山あります。

電子マネー

セブンイレブンで利用できる電子マネーは、以下の種類があります。

  • PASUMO
  • SUICA
  • KItaca
  • Toica
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • manaca
  • はやかけん

チャージは、現金のみで1000円単位で20000円までとなっていて、それ以上のチャージはできません。(ナナコやクレジットでのチャージもできません。)

電子マネーで支払ってから、足りない分を現金で支払う事は可能ですが、足りない分を他の電子マネーで支払う事はできません。

また、公共料金やiTunesカードの支払いもできないです。(詳しい内容はこちらをご覧ください。)

nanacoカード(ナナコカード)

セブンイレブンを利用しているお客様で28%の人がナナコカードを利用しています。

ナナコカードはセブンイレブンだけでなく、セブン&アイホールディングスの各店舗で使うことができます。

1000円単位のチャージで、40000円までチャージできます。

100円(税抜き)毎の買い物につき、1ポイント付与され期間や商品によっては、「ポイント5倍」や「ポイント10倍」の時もあります。

このような、サービスが多いことから、どのコンビニよりもポイントが貯まりやすいと感じます。

最近では、ナナコにオートチャージ機能を追加されたそうで、便利になってきましたね・・・。(オートチャージについて

クーポン・チケット・商品券

ビール券やハーゲンダッツクーポンなどが使えます。

中でも、最も使われているのがバークレーバウチャーズ300円券・200円券の食事券です。

この食事券は、全国50,000店以上の飲食店で活用できるもので、コンビニでも利用できます。(200円以下のお会計をした場合でも、現金でお釣りがでます。)

また、セブン&アイ共通商品券も使えます。

セブン&アイ共通商品券は500円と1000円で2つあり、セブン&アイホールディングスの各店舗で使うことができます。(500円以下のお会計をした場合でも、現金でお釣りがでます。)

クレジットカード

クレジットカードは、以下のカードが利用でします。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club
  • SAISON CARD
  • UC
  • Union Pay
  • DISCOVER

お支払い回数は1回までです。

1万円以下の場合はサイン不要ですが、1万1円以上お買い物された場合はサインが必須になります。

また、公共料金やiTunesカードの支払いはできません。(詳しい内容はこちらをご覧ください。)

Edy

Edyとは、ICカードやおサイフケータイにチャージ(入金)して使うプリペイド型の電子マネーで、セブンイレブンでチャージを行えます。

最大で50,000円までのチャージが可能で、一回のチャージは25000円までの1000円単位でチャージ可能です。

また、公共料金やiTunesカードの支払いはできません。(詳しい内容はこちらをご覧ください。)

auWLLET

auユーザーに向けて展開するチャージ式で 繰り返し利用可能なプリペイド型の電子マネーです。

これは、電子マネーの様にかざすのではなく、クレジットの枠としてお支払いします。

セブンイレブンではチャージできません。

クレジットカード同様、1万円以下の場合はサイン不要ですが、1万1円以上お買い物された場合はサインが必須になります。

QUICPay/QUICPay+

QUICPay(クイックペイ)はレジにかざすだけでお支払いができる、サインや事前のチャージがいらない「簡単・スピーディ・おトク」なポストペイ*(後払い)型のサービスです。

中には、QUICPayナナコもあり、ポイントを貯めながらお支払いすることができます。

1回の精算で利用できる金額は、20,000円までです。

また、公共料金やiTunesカードの支払いはできません。(詳しい内容はこちらをご覧ください。)

iD

iDとは株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモが推進している後払い方式の電子マネーで、レジでかざすだけでお支払いが完了されます。

1回の精算で利用できる金額は、20,000円までとなっています。

また、公共料金やiTunesカードの支払いはできません。(詳しい内容はこちらをご覧ください。)

QUOカード

QUOカード(クオ・カード)はセブン-イレブンはもちろん、全国の様々なお店で使えるプリペイドカードです。

QUOカードは、1000~10000円までセブンイレブンでも販売しています。

また、公共料金やiTunesカードの支払いはできません。(詳しい内容はこちらをご覧ください。)

注意点

セブンイレブンでは、お支払い方法が沢山ある為、「ナナコをかざしたつもり」でも「PASUMOをかざしてしまった」っていう事態がとても多いですので注意が必要です。

また、セブンイレブンではTポイントカードPONTAカードはご利用できません。

一番お得なのはナナコカード

お支払い方法の中で一番お得なのは、なんといってもナナコカードです。

100円毎に1ポイント付くのは普通ですが、期間や商品によっては「2倍,5倍,10倍」のポイントが付くのはでかいです。

僕もセブンで買い物をしてレシートを見た時に「あれ?なんでこんなにポイント付いた?」っていうのが良くあります(笑)。

さらに、ナナコ機能付きのクレジットカードだともっと特典があります。

いわゆる、セブンカードのことなのですが、以下の様な特典があります。

  1. チャージ200円毎に1ポイント付与(1000円チャージで5ポイント,5000チャージで25ポイント)
  2. セブン-イレブン、イトーヨーカ堂でお買い物の場合ナナコポイント3倍
  3. イトーヨーカ堂8のつく日は5%off

nanacoカード発行方法

ナナコカードの発行はお近くのセブンイレブンで発行が可能です。手数料300円かかります。

期間によっては、ナナコカードお作りの方に100ポイント+1000チャージで200ポイント付与されるキャンペーンもやっています。

チャージの200ポイントは、発行されてから2~3日後に付与されます。

セブンカード(クレジットカード)はWEBの申し込みでも可能です。(セブンカード・プラスをWEBで申し込まれた場合は2000ポイント付与されます。)

さいごに

セブンイレブンのお支払い方法は山ほどあり、中でも一番お得なお支払い方法はナナコカードセブンカードです。

1週間、1か月、1年と使続けることによって、ポイントが何千、何万と貯める事ができるのです。セブンで買い物される方、特に毎日ご利用する方、ナナコカードにして絶対損はないので、是非検討してみてください。

ABOUT ME
そうちょう
そうちょう
"そうちょう"と申します!セブンのスイーツや食べ物が好きで毎日のように食べ続けています。 当ブログでは、コンビニの新商品やおすすめ・話題の商品を紹介しています!(セブン多め)TwitterとInstagramでもコンビニツイートをしているので、良かったら仲良くしてください!
関連記事

コメントを残す