その他情報

【セブンイレブン】最新設備の新店が綺麗すぎる!?カフェラテが飲みたくなるデザイン!【2017年】

2017年2月の話になりますが、僕が働いているセブンイレブンで、オーナーがもう一店舗出店しました。

オープン日は2月29日。最初にお店を見た僕はあまりの綺麗さに『これがコンビニ!?』とひっくり返るくらいに驚いた。

今回は、2017年の最新設備が導入された僕が働いている先のセブンイレブンについて紹介していこう。

スポンサーリンク

セブンイレブンの最新設備【新店】

正直な話、2015年より前のセブンは暗いイメージがあったが、2015年から全国でオープンされるセブンイレブンは多少綺麗になってきている。

そして、2017年からオープンされるセブンイレブンは、格段と高級感が増してきた。

イートインコーナーが広い

店舗によってない所もあるが、2017年現在の新店イートインコーナーを設置している店舗は多いそうだ。

ちなみに、僕の店舗はカウンターテーブルに椅子が7つと4脚テーブルの椅子4つが3つあります。

早朝だと出勤前にコーヒーを飲むサラリーマンや高齢者がカフェラテ目当てでイートインを利用する方が多いです。

特に、最近は“朝セブン”が導入されたのでコーヒーRとパンを購入しイートインで朝を満喫される方がさらに多くなりました。

また、知り合いのオーナーも近頃出店したらしく店舗を拝見してみたところ、イートインだけでなく女性専用の化粧ルームが設置されていて店舗によっては色んな設備があるそうです。

レジ受付の台が茶色

これは、最近の新店セブンイレブンのみでしか見られません。

前は、極薄茶ぽい色をしていましたが、今は木製をイメージした茶色になり、高級感が増してオシャレなカフェっぽいイメージ。

お客さんからは「コーヒー飲みたくなるデザインだな~」という声もありましたw

色を変えるだけで印象はガラッと変わっているでしょう。

カフェラテ導入

2013年にセブンコーヒーが販売され2016年にカフェオレが販売されました。

そして、2017年2月にカフェラテが販売されました。

カフェラテはコーヒーマシーンごと新しくなり、コーヒーとカフェラテ一体型のマシーンが導入されました。

旧店・新店関係なくカフェラテは導入されましたが、旧店のお店ではまだカフェラテマシーンを導入しているところは少ないです。

カフェラテの種類とサイズは前と同様で、アイスとホットのRサイズとLサイズがあります。

味もお客さんと従業員からかなり好評で、「普通のコーヒーよりもカフェラテの方がコクがあって好き」と言う方が多いです。

ただ正直な話、このカフェラテマシーンが導入してからお客さんの誤動作によるコーヒーの注ぎ間違えが連発している。

実際に起きた事だが、100円のコーヒーを購入したお客さんがカフェラテのボタンを押してしまう誤動作。特に高齢者に見られる光景だ。

ここは、お客さんにわかりやすいよう早めに対策をとっておくべきです。

追記:現在2018年では、カフェラテを導入している旧店舗も増えてきました。というより、ほぼ全店舗が既にカフェラテを導入している模様。

蛍光灯が新しい

2015年からセブンイレブンの蛍光灯が新しくなりました。最近の新店はどこも白色蛍光灯(新型)です。

前までは、オレンジ色の灯りでセブンイレブンが薄暗い感じの印象でしたが、白色蛍光灯に変えることによって明るい印象をもつことが出来ました。

白色蛍光灯(新型)に変えている旧店舗も徐々に増えてきています。

豆知識ですが、セブンイレブンの新型蛍光灯は朝(6:00)を回ると節電の為、電力を抑えて明かりが若干暗くなります。

セブンイレブンの店舗数【2017年度】

2016年に、17年度のセブンイレブン店舗数(日本)を2万店舗を達成させる方針を明らかにした。

2017年3月のデータだと、19423店舗数であと600店舗でコンビニ史上初の2万店達成になる。

1974年の頃は15店舗だったセブンイレブンは43年で19408店舗も出店し、かなりの成長を遂げたのだ。

ABOUT ME
そうちょう
そうちょう
"そうちょう"と申します!セブンのスイーツや食品が好きで毎日のように食べ続けています。 当ブログでは、コンビニの新商品やおすすめ・話題の商品を紹介しています!
関連記事

コメントを残す